空き家売却の契約は担当者選びが大切

転勤などが理由で、これまで居住していた木造平屋建などに住むことが出来なくなってしまった場合には、不動産業者を介して、賃貸として人に貸したり、売却したりすることが考えられます。

築年数が経過した建物や通勤の利便性があまり良くない場所にある建物の場合には、そういった方法が難しいこともあり、空き家として放置されてしまうことも多くなっています。

また、相続などによって、親が住んでいた遠くの一戸建てなどを相続した場合でも、管理が難しいことなどが原因で、空き家として放置されてしまうこともあるでしょう。

人が住んでいない建物であっても、建物を解体して土地だけにしてしまうと固定資産税などが高くなってしまうことも原因のひとつとなります。

空き家売却を検討している場合には、しっかりと情報を仕入れて、相場よりも安い値段で交渉しないといつまでも処分することができない可能性があります。

不動産業者などのウェブサイトなどに空き家売却情報を登録することができれば、多くの人が閲覧することができ、契約に結びつく可能性があるので、そういった便利な機能も活用していくことが必要となります。

なかなか売却することができない空き家なので、買手が見つかったときにはタイミングを逃さないようにすることが必要であり、担当者から連絡が来たときなどにはすぐに権利書を持って契約ができるようにしておくことも重要となるでしょう。

空き家は所有者に管理責任が生じることとなるので、長期間放置するこは避けたほうが良いです。

空き家に限らず家の売却査定は信頼できる不動産業者に依頼する事が大切になりますね。



最新情報

ページの先頭へ